『気の流れ』は本当にあるのか? 

気功とは?

さて鍼灸といえば東洋医学であり、当然にして『中医』(中国由来の医学)であると素人の皆様は思われていることでしょう。

うちに来られる患者さんにもよく質問されますが、結論から申しますと人間あるいは世の中の万物(無機物・有機物すべて)において『気の流れ』など存在いたしません!

そもそも『中医(東洋医学)』の理論体系自体が古代の中国の『陰陽五行説』に由来しておりまして、それは単なる古代的な中国の哲学をムリクリ医学や生理学にこじつけているだけのものなのです。

古代的な哲学ですので当然科学的なものではありません(まぁ科学が万能とは言いませんが、少なくとも私は医療人のはしくれである限りできるだけ医学的・科学的な思考で患者さんに接していきたいと思っております)

ではなぜこの世の中に『気功術』なるものが隆盛を極めているのかと申しますと、人というものは、かな~りメンタルな動物であるがゆえ心が弱っているときに何かにすがりたいということに付け込まれる傾向が強いところにあるのでしょう。

『気功』というと不思議な魅力にとりつかれそうですが、すんなり飛びつくのはあまりにも無邪気に思われます。

と言いますのも『気功』というものには2種類ございまして一つは『内気功』もう一つは『外気功』でございます。

『内気功』というものは瞑想法(たとえば座禅・ヨガなど)によって精神統一やメンタルトレーニングなどで自身の精神状態をよくしていくことでこれはありです。

上にも述べましたが「病は気(メンタル)から…」とも言いますし、人間はなにぶん気持ちの持ちようによってずいぶん体調にも影響があるのは皆さんご承知の通りです。

一方『外気功』というものは「気の流れを整えて病気を治しましょう」(いわゆる医療気功)あるいは「人に触れずに人を投げ飛ばします」(いわゆる武術気功)というものでして、こちらは全くのデタラメです。

それについては科学的にはっきり検証されております。

まぁ言い方は悪いですがおまじないか手の込んだ手品、洗脳のようなものです。

世の中の健康情報ではこの2者をうま~く絡め合わせて(ごちゃ混ぜにして)困っている人の思考を停止させてカモにしている節が強く臭ってきます。

まぁ世の美容・健康情報はほとんど与太話だらけですが…

100%プラセボ効果頼り・オカルト・サイキック・スピリチュアル系大好きな方には申し訳ありませんが、もし私あるいは私の近親者にこのようなものを強要されれば全精力を注いで否定いたします。

なのでそちら系の方々は話が全く噛みわないのでは私には絡まないでください。

特に女性はスピ系な方々が多いようですし、それを信じている方の人格を否定しているわけではありませんので気に障ったらご容赦ください。

まぁ巷にごまんとある鍼灸院・接骨院あるいは整体院や民間療法で『気の流れ云々』を謳っているところはまず信用できないでしょう。

いわゆる信仰医療的なもの(信じる者は救われる)にすがって気持ちが救われるならそれはそれで良いとは思いますが。。。

 

PAGE TOP