治療後の注意

治療後の注意

①治療日の当日にお酒を飲むと鍼治療の効きめが悪くなりますので、1日だけお酒を控えます。次の日からは、飲んでもかまいません。

ただ、毎日深酒をする人は、腰痛などの治りが遅いようですので、早く治したければ毎日程々の酒量に抑えることです。

②お風呂は入ってもかまいません。鍼治療用の鍼は非常に細く、すぐに鍼穴がふさがりますので、ばい菌が入る心配はありません。

③次の治療は三日以上間を開け、一週間以内のうちに来てください。治療後三日間はまだ治療が効いています。そこで三日開けたくらいに二回目の治療をするのが一番効率がよいようです。

また、あまり間を開けすぎると治って来ていたのが元の状態に戻り、また最初の状態からの治療となりますので、一週間以内に再来院されることをお勧めします。

お酒を飲んだり、激しい運動をしなければ、治療して三日間は、筋肉が緩んで血液がスムーズに流れ、順調に快復します。

つまり鍼は、硬く縮んだ筋肉の痙攣を解除して、筋肉痛に変えているのです。筋肉痛は自然に治ります。筋肉痛の怠さが治まったところで、次の治療をします。

④寝不足だったり、体調が悪かったりすると、暈鍼と呼ぶ貧血のような状態になります。

これは気分が悪くなり、冷や汗が出たり、吐き気がしたりするのですが、鍼を抜いて、しばらく横になっていれば治ります。鍼して血圧が下がったため貧血状態になったものです。

⑤重症の場合は、鍼すると一時的に怠くなることがあります。筋肉が凝り固まって血管を圧迫し、その血液に老廃物が溜まっているのです。

鍼で筋肉を弛めると、血液循環が良くなって、その老廃物が全身を回って怠くなります。老廃物が腎臓などから体外へ排出されると、怠い感じが消えます。

また一時的に痛くなることもあります。それは神経が筋肉で圧迫され、神経が感じなくなっていたものが、筋肉が緩んで圧迫されなくなるため、神経を伝わって痛みの信号が頭に達するためです。

こうした場合は、もう一度鍼をして、神経が圧迫されない程度まで筋肉を弛める必要があります。ほっておいても治りますが、時間が掛かります。こうした場合は、重症の人に起こります。できるだけ早めに治療しましょう。

PAGE TOP