『痛み』に対する鍼治療をお探しの方へ

頑固な首や肩の凝り・寝違い・慢性の腰痛・くり返すぎっくり腰・坐骨神経痛など

当院では不妊症の鍼治療以外にも一般治療を受け付けております。

あなたが辛い症状のために能力を発揮できないことは社会的損失です。

もっと楽に、もっとステキに暮らせるお手伝いをすることで、当院は明るい社会作りに貢献します。

鍼治療・徒手療法のすすめ

人間が痛みを感じる原因の一つに皮膚にある痛覚受容器が関与するものがあります。

例えば外傷です。これは急性期の痛みで鍼治療・徒手療法の適応症とはいいがたいものがあります。

しかし鍼治療・徒手療法にもっとも適した痛みの種類があります。

それは『神経絞扼障害』(Entrapment neuropathy)です。

わかりやすく言えば慢性の筋肉疲労からおこる神経の痛みです。

ではなぜ筋肉疲労からおこる痛みが慢性化するのでしょうか?

それは『痛みの悪循環』が形成されるからです。筋肉が「ギュー」と緊張して固まっている状態を想像してください。

その期間が長く続けば、筋肉への血液循環が悪くなります。筋肉組織は血液循環が滞ると痛みを感じる物質を出すといわれています。

それが原因で痛みが起こりまた筋肉は硬直する・・・といったループが形成され、慢性の筋肉疲労からおこる組織の硬化がますます助長されます。

これに前述の『神経絞扼障害』や、痛みから逃れようとする為に起こる不良姿勢、筋肉の付着部の痛みなどがさらに加わり難治化するのです。

※しせい堂治療院ではこの慢性の痛みに対して、障害になっている筋肉を問診、視診、触診などで探し当て、その筋肉に対して直接的に、安全に鍼治療あるいは徒手療法を施し、筋肉の緊張を緩めることによって神経の圧迫を解除して、血液循環を確保し、罹患筋の緊張を緩める事でその筋肉の付着部の痛みの緩解を狙い、また自律神経調整を行います。

血液の循環が悪い状態が続くと、発痛物質が産生され、その痛みがさらに筋肉の緊張状態を高め『痛みの悪循環』を促すということからも、筋肉の緊張状態をほぐすことがいかに重要かおわかりいただけるかと思います。

◆当院は常に最高の道具と技術による治療を提供します。安心・安全で質の高い治療を行います。

◆当院は現在、そして将来にわたって、あなたの健康回復をさまたげる恐れのある施術を致しません。あなたの身体のために誠意を持って常にベストの施術を致します。

整形外科などで画像診断しても原因がわからない痛みでお悩みの方。首や肩が凝りすぎて・・・頭痛や吐き気がする、手や腕がしびれる、寝違いのように首が痛んで動かせない、虫歯でもないのに奥歯が浮いたように痛む方。

慢性腰痛、くり返すぎっくり腰、坐骨神経痛でお悩みの方。

これらはほとんどの場合、慢性の筋疲労からくる症状です。


大体の場合、2~3回の治療で症状が治まります。当院ではいかに早く通院から解放されるかにこだわって日々施療にあたっております。

PAGE TOP